沖縄の観光スポット「宜次の製糖工場煙突」のご案内 | 沖縄の休日 - 一番充実した沖縄旅行が実現できる沖縄に関する総合情報メディア

沖縄を心から満喫するための情報サイト

ぎしのせいとうこうじょうえんとつ 宜次の製糖工場煙突
製糖工場の煙突は、戦争に耐え生き残った

宜次の製糖工場煙突の写真

Overview 概要

この煙突は昭和19年に、地域の人達の協力で完成しました。
手積みで重ねた高さは20m。煙突はかって読谷村に有ったそうです。しかし、日本軍の基地造成の為に製糖工場が取り壊すことになりました。それを聞いた地域の人たちが工場を買い取り、苦労を重ねこの地に移築したのです。それまで馬の力で圧搾機を動かしていた農家の人たちは、上等な黒砂糖が沢山造れると大きな期待を持ちました。しかし、工場が動いたのは数か月だったそうです。戦争が激しさを増し、男たちは兵隊へ、残りの人は避難し、製糖工場は破壊され、不思議なことに煙突だけが残っています。

Photo Gallery 写真

Information 詳細情報

所在地
沖縄県島尻郡八重瀬町宜次 
レンタカーで
那覇空港から沖縄自動車道で南風原南ICまで約20分です。下りて宜次まで約10分です。
公共交通機関で
駐車場
なし。
入場料など
無料。
営業時間
休業日
関連カテゴリ:史跡・戦跡 
更新日:2015-10-02 19:40:30

Map 地図

編集部REPORT