沖縄の観光スポット「照屋の石獅子」のご案内 | 沖縄の休日 - 一番充実した沖縄旅行が実現できる沖縄に関する総合情報メディア

沖縄を心から満喫するための情報サイト

てるやのいししし 照屋の石獅子
かっての集落同士の関係が垣間見える村の守り神、石獅子

照屋の石獅子の写真

Overview 概要

照屋にある2基の石獅子は本部(もとぶ)に向けられていると言われています。本部で作られた2基の石獅子の向く方向は東風平(こちんだ)にあった八重瀬町(やえせちょう)のヒーザン(火山)へのフーチゲーシ(邪気返し)と言われていますが、照屋の人々は本部の人々が故意に照屋に向けて石獅子を設置したと勘違いし、それに対抗するべく2基の石獅子を作って本部に向けたといいます。照屋と本部の間には水の問題をめぐってしばしば争いがあったと伝えられており、かつての両集落の関係を示唆する興味深い伝承です。

南風原町【特記】有形民俗文化財

Photo Gallery 写真

Information 詳細情報

所在地
沖縄県 島尻郡南風原町 照屋
レンタカーで
那覇空港から沖縄自動車道で南風原南ICまで、約20分です。下りて照屋まで約7分です。
公共交通機関で
駐車場
なし。
入場料など
無料。
営業時間
休業日
関連カテゴリ:史跡・戦跡 
更新日:2016-01-08 14:51:32

Map 地図

編集部REPORT